アンチエイジングフェアin九州 2021 アンチエイジングフェアin九州 2021

セミナーご予約

セミナー一覧

女医が教える!腸活・免疫⼒UPで健康で美しいカラダを手に入れる方法 女医が教える!腸活・免疫⼒UPで健康で美しいカラダを手に入れる方法
さらに詳しく見る さらに詳しく見る

講師プロフィール

横浜市立大学医学部医学科卒業。
医師免許取得後、都内総合病院勤務を経て、東京大学大学院医学系研究科公共健康医学専攻修了。
現在はクリニックで内科、生活習慣病外来にて診療に従事。医師として勤務する中で、健康や病気予防に関する情報を広く伝えていくことの重要性を更に認識するようになる。
診療を行う傍ら、内科、予防医学、アンチエイジングを軸として、テレビ、ラジオ、雑誌等メディアでの活動にて必要な知識の啓蒙や医療を身近に感じられるような発信に努めている。

出演者

新日本製薬 株式会社 スマートヘルスケア事業部  
スマートヘルスケア事業課 課長

大橋 啓吾

ご紹介アイテム

ノーベル賞受賞博士が解明した成分を配合したニューノーマル時代のサプリメント。
「L.ラムノサス菌」と「FWGE」のダブル配合で自己防衛力をサポートします。世界に先駆けて日本先行販売。

閉じる 閉じる
楽々継続できる新しい美容習慣!泡の力でアンチエイジング 楽々継続できる新しい美容習慣!泡の力でアンチエイジング
さらに詳しく見る さらに詳しく見る

出演者

大阪商工会議所ライフサイエンス振興委員会 委員、
一般社団法人ファインバブル産業会 理事、
日本抗加齢協会九州支部 理事、
10歳若返りプロジェクト実行委員

青山 恭明

アンチエイジングフェア2021in九州実行委員長、
日本抗加齢医学会 理事、日本抗加齢協会 理事、
熊本大学大学院生命科学研究部 分子遺伝学講座 教授

尾池 雄一

ご紹介アイテム

まるで美顔器のようなシャワーヘッドとして、発売から約52万本を超える大ヒット商品。ストレートとミストの2つの水流をお楽しみいただけ、洗浄力のあるファインバブルを特許取得の独自構造で吐出。毛穴の汚れを優しく洗い流してくれます。塩素除去もでき、お肌への負担軽減も。

閉じる 閉じる
おうちでできる簡単薬膳と漢方理念のスキンケアでマイナス5歳肌 おうちでできる簡単薬膳と漢方理念のスキンケアでマイナス5歳肌
さらに詳しく見る さらに詳しく見る

講師プロフィール

同志社大学大学院終了後、約12年間法律系国家公務員として勤務。その後自身の体調不良をきっかけに薬膳と出会い一念発起して薬膳料理家に転身。福岡市内に料理教室「薬膳ハウス金木犀」を開講。
「楽しく美味しく体質改善」をテーマに、ハーブやスーパーフードも取り入れた新しいかたちの薬膳料理を追求。合わせて四診による体質診断も研究中。薬膳教室では、クッキングと理論の2つのコースを設け、作りたい人、知りたい人、それぞれが気軽に薬膳にふれられるカリキュラムを提供。薬膳理論を応用し、どのジャンルの料理にも合わせた薬膳料理を得意とする。

出演者

株式会社再春館製薬所 研究開発
伊藤 安矢
平成16年入社。
クレンジング、洗顔料からUV製品まで幅広くドモホルンリンクルの開発を経験。また、スキンケア効果や年齢肌の特徴を見極める肌評価にも携わる。
開発者としての経験をもとに、会報誌の製作や、日本国内のみならず海外のお客様に向けて肌理論や効果的な使用方法等をより分かりやすく、より魅力的に伝える業務にも従事。

ご紹介アイテム

自然に学び、古くからの知恵に学び、最先端の技術に学ぶ再春館製薬所。
1974年、漢方の製薬会社として私たちが生み出したドモホルンリンクルは漢方とサイエンスの融合により繰り返し進化と深化を遂げてきました。
年齢を重ねても生き生きと輝きつづける肌をめざして、 肌が本来持っている力に着目し、独自に研究。
肌の悩みに真正面から向き合いたどり着いたのが ドモホルンリンクルの8点ワンライン処方です。

閉じる 閉じる
表情筋を鍛えてシワ改善!究極のお顔エイジングケア 表情筋を鍛えてシワ改善!究極のお顔エイジングケア
さらに詳しく見る さらに詳しく見る

講師プロフィール

2019年に顔ヨガに出会い、始めて1週間で顔のむくみが取れて効果を実感。 もともと写真写りが悪く、笑顔が固いことが昔からのコンプレックスだったが1ヶ月後には初対面の人から「笑顔が素敵」と褒めていただくことが増え、自分に自信を持てるように。
老若男女かかわらず、顔ヨガをもっとたくさんの方に伝えたいと、2019年に顔ヨガインストラクターの資格を取得。
2020年9月からは顔ヨガだけでなく、顔ツボリンパケア、体のセルフケア、セルフ整体の知識を組み合わせてプレイベートレッスンでお伝えしている。

出演者

福岡大学医学部 総合医学研究センター 教授、
日本抗加齢医学会 理事、日本抗加齢協会 理事

大慈弥 裕之

パーフェクトワン 福岡パルコ店
ビューティアドバイザー

田中 美帆

ご紹介アイテム

日本初登場。真皮シワへの効果が認められた有効成分「ビタミンPP」配合の薬用オールインワンジェル。 シワ改善と同時に、シミの元であるメラニンの生成を抑え、美白ケアも同時に行います。
独自バランスの複合型コラーゲンEXなど40種の保湿成分配合でしっとりと潤し、 トロっととろみのあるジェルを肌に乗せると、パシャっとしたテクスチャーに変化し、すーっとなじみ潤いヴェールで包み込みます。
化粧水・乳液・クリーム・美容液・パック・化粧下地・ネッククリームの7役の機能をもち、これひとつで基本のスキンケアが完了します。

閉じる 閉じる
奇跡の50代がこっそり教える簡単セルフケアマッサージと年齢に負けないスキンケア 奇跡の50代がこっそり教える簡単セルフケアマッサージと年齢に負けないスキンケア
さらに詳しく見る さらに詳しく見る

講師プロフィール

⼤学在学中、語学習得のため渡⽶。⼤学在籍中より、美と健康のため様々なフィットネスを経験。
卒業後、大手外資系企業勤務を経て、自身の体調を崩したのを機にインストラクターへ転身。
⼤⼿フィットネススタジオでのインストラクターを経て、レッスン、WS、セミナーなどを開催。 ⽇本全国から⽣徒が集まり、述べ37000⼈の指導にあたる。(2019年3⽉現在) ⾃⾝も妊娠時に20キロ近く増加した体重を妊娠前の顔とカラダ、体重・体型に戻した経験を持つ。 2020年に独⽴。オリジナル美メソッド「YUMIKO美⾻格セルフケア」のレッスンを⾏う。

出演者

株式会社再春館製薬所 研究開発
伊藤 安矢
平成16年入社。
クレンジング、洗顔料からUV製品まで幅広くドモホルンリンクルの開発を経験。また、スキンケア効果や年齢肌の特徴を見極める肌評価にも携わる。
開発者としての経験をもとに、会報誌の製作や、日本国内のみならず海外のお客様に向けて肌理論や効果的な使用方法等をより分かりやすく、より魅力的に伝える業務にも従事。

ご紹介アイテム

自然に学び、古くからの知恵に学び、最先端の技術に学ぶ再春館製薬所。
1974年、漢方の製薬会社として私たちが生み出したドモホルンリンクルは漢方とサイエンスの融合により繰り返し進化と深化を遂げてきました。
年齢を重ねても生き生きと輝きつづける肌をめざして、 肌が本来持っている力に着目し、独自に研究。
肌の悩みに真正面から向き合いたどり着いたのが ドモホルンリンクルの8点ワンライン処方です

閉じる 閉じる

代表ご挨拶

人生100年時代と言われ、
高齢社会は世界共通の喫緊な課題に
なっております。

新型コロナウイルスの感染拡大の中、「なぜ高齢の感染者がより重症化するのか」など、高齢者に対する注目度が高まっております。もちろん新型コロナだけでなく一般的な病気でも、「なぜ高齢化によって色々な病気を発症するようになるのか」という素朴な疑問も含め、老化への関心度がより急速に増してきたと感じます。老化は抗うことのできない自然なことだという前提を、何の疑いもなく皆が受け入れているため、多くの病気の基盤に老化が存在するにも関わらず、老化は病気ではないと考えられ、老化を研究しその原因を解決しようとの考えは長い間ありませんでした。

しかし近年の研究により、老化の本質への理解が深まり、科学的に正しい戦略により老化のプロセスは遅らせることができるということがわかってきました。実は、これら戦略の一部は、現在すでに他の病気に使われている医薬品でもあり、老化を遅らせ治療し、健康長寿社会を実現する時代もそう遠くない将来であることを示唆しているものと考えられます。日本抗加齢医学会、日本抗加齢協会の目指す老化研究もまた、病気の根本原因を探り、老化にともなう病気を予防するための研究であり、いつまでも健康で人生を過ごしていくことができるという健康長寿社会実現を目標としております。

ヒトの体は、数百種類からなる30-60兆個の細胞から構成されており、これら細胞が役割に応じて、心臓、腎臓などの組織・臓器を形作ります。これら臓器は加齢に応じてほぼ同じ時相で老化(機能が低下)しております。最近の研究により、これは、個々の細胞の運命(寿命)に加え、細胞から分泌される因子や神経を通して、各臓器がお互いに連関しているため同じ時相で老化することがわかってきました。このことは、我々が唯一目視できる皮膚の老化の状態を見ると、通常では見えない体内の脳、心臓、肝臓、腎臓、血管などの老化状態を推し測り知ることができること、たとえ皮膚が老化した状態であったとしても、正しい方法で改善すれば皮膚の状態だけでなく、進んだ老化が予想される内臓年齢も改善できる可能性を示唆するものです。

つまり、「見た目の若さ」は、単に美容的側面の問題ではなく、そのヒトの血管年齢をはじめとする臓器年齢の若さを示すものであり、「見た目の若さ」の維持の重要性を示すものです。今まさにようやく、どうすれば老化のプロセスを遅らせ、長く健康に年を重ねていけるのかが解明され始めたのです。
 アンチエイジングフェア2021 in 九州では、科学的エビデンスに基づき「見た目の若さ」を追求するリーディングカンパニーである(株)再春館製薬所、新日本製薬(株)、(株)サイエンスから、健康長寿社会実現に向けた各社の取り組みと成果についてご紹介頂きます。本フェアが、ご参加頂きました方々にとって、長く健康に年を重ねていくヒントになれば幸いです。